「死に方改革」とは

「死に方改革」とは

昨夜、日本で一番有名なITポーランド人のピョートルさんの会社が主催するPeatix経由のイベントのMirai Forum #10に参加してきまして、今、自分で行っている「死に方改革」というのはどこに位置づけするのか掘り下げてみました。

残念ながら、29日に主催者からピョートルさんがご家庭の都合で急遽ポーランドに帰ることになったと連絡がありました。
私としては、どなたかがお亡くなりになったのだろうと・・・案の定でした。ご冥福をお祈りします。

さて、今回はNew Eliteというテーマで働き方改革でした。
働くというのはどういう意味か。
働き方を改善するにはどうするか。
なぜ日本の決断力が遅いのか。
どうして日本はお持ち帰り主義なのか。
21世紀、インターネットにつながった時代に日本の社会をこれからどう変えて仕事をするのかなどがテーマの本です。

昨夜はその中で、ここの本に紹介されているMistletoeのスタッフである鈴木えりこさんと、自問自答で未来の働き方を実践してこられた奥田浩美さんがパネリストとして壇上にあがってワークセッションを開きました。

私の仕事は、もちろん葬儀のシステムを提供することですが、さらに一般の人へはハッピー・エンディングを提案する会社でもあります。働く延長には生きる、生きる→いく→逝くというのがあり、死というのは貧富の差関係なく、誰にも訪れます。
お金があるからハッピーなのか、なければアンハッピーなのか・・・いや、そうではありません。

Steve Jobsの有名な一言があります。
“If today were my last day of my life, would I want to do what I’m going to do today?”
「今日が私の最後の日だったら、今からやることは今日やりたいことか?」

http://www.azquotes.com/quote/1059946

Read more

エンディングノート

色々とありますが、書いていただきたいことはあります

http://news.mynavi.jp/news/2015/07/15/120/

実は、これは最小限以下のことです。
クレジットカード情報なども。カードを止める必要がございますので。

できたら自動引き落としされている内容。
やはり忘れてはならないのはきちんと痴呆になる前に相続を処理しておくことです。
成年後見制度を利用するのも1つの手段です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。