徳島の神山バレー

2014年2月19日の朝日新聞 湘南版の朝刊に神山バレーが紹介されていたのがきっかけでここを知ることになった。

朝日新聞 2014/02/19 湘南版 朝刊

当時に書いたメモがこちら:

https://www.evernote.com/l/ABad7LlcUl9AdLGEsGQ4guL_gyMi18YmZ1Y

昨年10月21日に訪れようとしたが、調整がつかず、そのまま車で近くを走り抜いた。
そして、今年3月19日も同じことになった。

私はこの数年間働き方改革の先にある #死に方改革 を研究していて、どう幸せに生きていくか、語り続けている。
そして、やっと動けるようになったのが、昨年 #個性心理學 学術大会で少しだけ発表させてもらった。
個性と働き方、そして職場環境、定年か働き続ける、生涯現役、そして老いて死ぬ。
この一部を15分間の間だけ説明させてもらった。

個性心理學 学術大会 2017 (写真は事務局提供)

さて、やっと4年8ヶ月の歳月を経て訪れることができた。
その間に私はある著者に遭遇したのでちょっと紹介したい。

西村佳哲さんです

著者 西村佳哲氏

「働き方のバイブル」と言う背表紙でした。そして「自分の仕事をつくる」。
そもそも肩書が「働き方研究家」ではないか!

私もFCCJ(日本外国特派員協会)の記者会見を通じて相模女子大学の白河桃子先生につながった。
白河先生は働き方改革の提唱者でもあり、政府で色々と助言をされている。

働き方改革は始まったばかり

さて、ここに通じるものがかなり出てきたので更に西村氏の本を買って読んでいるところである。
実は、この本を通じて神山バレーで西村さんがデザインしていることも知った。
現在、ちょっと読書が止まっていて、本を二度読みしているところではある。

この神山バレー、実に奥が深いことに気づきました。

Read more

働き方は色々とある

英語でいう「ジェネレーション」という定義をご存知だろうか?
日本語で言えば「世代」のことです。
簡単に言えば、ベビーブーマーや団塊などを意味します。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E4%B8%96%E4%BB%A3

世代によってそれぞれ生き方も働き方も違ってます。

さて、外国ではよく、Millennials (2000年代) が表現されます。
これは2000年くらいに大学を卒業した世代を意味します。
この人達は別名Generation Y とも呼ばれています。
その次に訪れたのがGeneration Zです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Generation_Z

さて、このZ世代の人たちの定義ですが、アバウトですが(すべての世代にバラツキはあります)、1993年(1990年半ば)以降に生まれた「超新人類」とも呼ばれる人たちです。

1993年がもっとも早いこの人達(Millennials “GEN Y”の終わりくらい) の年齢を2018年から計算しますと一番年上が25歳となります。
定義によっては1990年台の後半(仮に1997年)としますと21歳の大学3年生から4年生。
日本でいう、バブル世代のお子さんたちです。

今、この人達の若い世代はまだ大学に属しているお子さんたちも少なくありません。
高校生のお子さんたちもおります。
この超新人類と呼ばれる人たちのライフスタイルがどのように変化しているか考えたことがありますか?
我々はどうやってこの超新人類たちと向き合う方法があるか考えてみる必要があり、大学の教授が面白いことをやっているのでご紹介いたします。

https://www.businessinsider.com/generation-z-college-students-technology-2018-8

Read more

AIと葬儀

Society 5.0 って言うのは知っていますか?
簡単に言えば、「テクノロジーを活用するスマート社会」です。
簡単そうですが、漠然として難しいですよね。
まずSociety 1.0からの説明が必要かと思います。

http://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

Society 1.0 は狩猟
Society 2.0 は濃厚
Society 3.0 は工業
Society 4.0 は情報
Society 5.0 がVR, AR, MR, 更にSR(Substantial Reality)を使った超情報社会でもあり、ビッグデータを活用し現実と非現実をつなぎ合わせた新たな情報社会のパラダイムと言ってもいいでしょう。

え?難しすぎますか?
はい、難しいです。
3次元の世界の人たちに無数の3次元が存在するような話になります(それが4次元と思って頂いてもいいかな)。
つまり、スマートな経営を目標とした社会でもあります。

では、スマートってなに?
英語ではSmartとCleverと言うのがあります。
もちろん日本語でも、頭の良いやり方と賢いやり方があります。
頭のよいやり方であっても効率的でないこともあります。
つまりCleverと言うのは、ずる賢いと言う意味も含まれています。

さて、このSociety 5.0がAIと葬儀にどうつながるかを表面だけ触れてみます。

Read more

イッセイミヤケ@KITTEのサイネージ

久しぶりにKITTEに訪れました。
今日はアイデアを探しに都内を徘徊していました。
たどり着いたのは東京駅前のKITTE。

そこにBOABOAのバッグが売っていることは知っていました。
ちょうど、その前に有楽町(交通会館側)のMUJIにいてサイネージを見ていました。

スクエアモニターと超指向性スピーカーのコンボ

そんな時、イッセイミヤケの店舗で美しく輝く小型液晶モニターが無数(調べたら縦9x横11=99個!)が並べられている。
そして色が変わる!フラッシングもする!

どこの誰の液晶で、どの会社がデザインし入れたか調べました!
時は2013年3月21日まで遡りました。
さらにホームページがリニューアルされたり、会社が統廃合されてリンクが消されたり・・・

三菱化学の4.7cm角の有機液晶でした!

Read more

スクエアモニターと超指向性スピーカーのコンボ

3ヶ月以上も更新がなく自分なりも苦痛でした。
本当はもっとたくさん書きたいこと、シェアしたことがありますが、人生山あり谷ありで(笑)

今日、有楽町のMUJIに行ってましたて、そこで見たモニターが1:1のスクエアモニター!
こんなの売っていたんだ!って・・・
スクエア(正方形)なのでインスタ映えにいいじゃない!なんて(笑)

http://plazmonic.jp/products/bluecanvas/

これだと1台アマゾンで15万円(税別)くらい・・・

それと超指向性スピーカーの組み合わせ!!!
おぉぉ〜!かっこいい!
式場に使えるじゃない!って思いました。
そのスピーカーもデザインがカッコよかったんです。

http://www.jdsol.co.kr/eng/pro_clarielle.php

スピーカーは天井から釣る下げられていて、映像から一歩離れたら聞こえないので、超指向性スピーカーだとすぐに気づきました。
ヨドバシで13万円くらい・・・


 

サイネージの組み合わせとして1セット30万円以上しますので、ちょっと手が出しにくいですね。
更にAndroidかiOS装置が必要となります。
MUJIえつながっていたのはAndroidの小型ボックス。

そうなりますと、類似品・・・
同じような1920×1920ドットで26.5″モニターと超指向性スピーカー。
EizoのFlexScan EV2730Q と言うのがありました。
http://www.eizo.co.jp/products/lcd/ev2730q/
これも価格を調べたら・・・あははは大差ないわ。

超指向性スピーカーはピンきりですが、やはり見た目重視で天井から吊るさないといけないのと、モニターを飾るところを考えると常設でないので、見た目はかっこいいほうがいいですよね。
そうなりますと、自ずと10万円前後の製品になっているのに気づきました。
もちろん1万円くらいのもありましたが、これはあまりにも無機質でデザイン性がイマイチでした。

グーグルで調べていただくと色々と出てきます。

Busy week

Busy week

忙しいと言うのはいい事なのか悪いことなのかはわかりませんが、とにかく座って考えをまとめる時間が足らないのは経営者にはトホホです。
とくにPDCAサイクルを回せなく、PDで終わっている状態・・・
1/31に投稿しましたが「病院で待つのは当たり前か?」PDCAサイクルにはただ、Plan, Do, Check, Act があるのではないと。

さて、FCCJもやっと10月に新しいところへ移転すると発表をしました。
移転をしないと別の問題が多く出てくるので、その補償をどうするかなどでやっと腹をくくりました。
その中で準会員(現在約1600名+)が路頭に迷うことがないようにスムーズに移転と時期役員の候補者を募る必要があり、後者の準会員の役員改選については、私におハチが今年も回ってきそうな雰囲気が漂っています。

今週はテクニカルショウヨコハマと長年通っているJAGATのPAGE XXXXイベントへ。
印刷業界のイベントは1993年くらいから通っています。そうなりますと今年で25年目!
私がレーザプリンタエンジンとコントローラを開発している時代からです。
そしてテクニカルショウヨコハマはかれこれ10年くらい前からです。

Read more

そもそも仮想通貨って?

そもそも仮想通貨って?

世間では仮想通貨で誤解が生じている人たちがいるかと。
そもそも、本来なら「暗号通貨」って伝えて欲しい。
「仮想」の「バーチャル」だと、通貨じゃなくなるんだよ!
そもそも日本の税法上、「通貨」として定義されているが、取引上、課税対象となるし(控除を目的に寄付される場合は注意が必要–その時の税法と仕組みをチェックしてくださいね)、しかし株と違って減った分は控除できないし等などあります。

それは別にして、ちょっと説明したいなと。
一番上の税法はご自身の税理士さんに伺ってください。
毎年の如く細かいところがかわりますので。

税法 税務署管理
暗号通貨 Bitcoin, DASH, NEMなど 匿名性があったり、なかったり
取引所 DMM Bitcoin, GMO Bitocoin,
Bitflyer, コインチェックなど
暗号通貨を現金取引するところ
実は開業するのにハードルが低い
ブロックチェーン技術 Ethereum, OpenChain など デジタル元帳技術

今回、コインチェックでNEMが530億も盗まれたのは「取引所」の問題なんです。
つまり、このアプリは「ホット」と「コールド」の財布(ウォレット)があります。
「ホット」は常にネットにつながっている分です。
「コールド」は金庫にしまっている分です。

Read more

FCCJ-暗号通貨の未来

日本で2回も暗号通貨に対するドデカイ犯罪がありました。
一つは2014年に起きたMt. Goxが管理するBitcoinのおカネが盗まれたこと。
そしてついこの間のコインチェックで580億円も盗まれたこと。
ここまで起きても規制がないのか、あってもチェック機能がないのか・・・

2018/02/01 に日本外国特派員協会にてBlockhive創立者の日下 光氏河合 建弁護士の会見があった。
BlockhiveはエストニアでBlock Chainを使ったローンへの投資と債権者のビジネスである。
河合弁護士は日本仮想通貨事業者協会の法的顧問(リーガルアドバイザー)をされていて、両者の立場からの仮想通貨の未来の話しをしてくれました。

はじめに、暗号通貨(日本では仮想通貨)、取引交換所(Mt. Goxやコインチェック、DMM BitcoinなどのExchange)とブロックチェイン技術と言うのを分離して考えて欲しい。

まず、暗号通貨はブロックチェインの一つの応用である。
ブロックチェインと言うのは、デジタル元帳である。
暗号通貨を現ナマに交換するところが銀行業務を行う取引交換所である。

ここでは英語表記が「Crypto Currency」であるがため「暗号通貨」と称します。
「仮想通貨」になると「Virtual Currency」になるので、そう言う意味ではApple PayやLine Pay、更に現ナマを動かさずに商品が買えるデビットカードも含まれてしまうからです。

Read more

暗号化 or 平文 in 公衆WiFi

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00050049-yom-soci

念のために魚拓をとっておく。

 

公共WiFiやホテルなどの宿泊施設で暗号化していないというのは昨日今日はじまったことではない。

実は、葬儀場でもWiFiを入れて欲しいと言われる。
企業が自社のWiFiをどう使おうが知ったことではないのだが、ISP側としては問題がある。
なぜなら、その回線を利用して迷惑メールが送られたり、クラッキングの温床になり、誰が責任を取るのかと言うのがある。ISPによっては規約でそう言う使いかたはNOと言うところもある。 Read more

FCCJ-自動車産業アナリストたちより

FCCJ-自動車産業アナリストたちより

今日も連続でFCCJの記者会見

“The 20th anniversary of the Toyota Prius and the Future of Eco-Cars”

プリウスが20歳になり、色々と成長してきました。
何を隠そう、うちもプリウス。それも二代目。昨年末に乗り換えました。
トヨタ車は7年すぎると色々と壊れてくる。
更に私の普段の足がエスクァイア(ベースはプリウスでシャーシーはVoxy/Noah)のHV車。

エコカーの課題は色々とあります。
当時プリウスが1997年に出たとき、多くのアメリカ人がアホかと疑いました。当時はミネラルウォーターのほうがガソリンより高かった時代ですから。しかし、逆転し色々と変化が米国市場のみあらずヨーロッパでも日本でも起きました。
そして現在は電気自動車が産業を押しつつあります。

さらにネットに繋がりつつ自動運転まで発展してきました。
自動車メーカーの新たなライバルはシリコンバレーから生まれた新参自動車メーカーであり、他の自動車メーカーからスピンオフしたところではない時代に突入。

Read more

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。