アムスの認知症村を訪ねて(その3)

Hogeweykの費用というのはいくらなのか?

色々な説が流れています。
某サイトでは月額5000€というのが書かれていました。
正直、そんな金額、富裕層でなければ支払えないです。

月額5000€となれば日本円で65万円で年間、本日のレートで7,743,550.30円です。
それも平均3年7ヶ月(4年としてみた場合)、約3100万円!
いやいやそんな金額は払えないでしょ。
さらに食費、衛生費、イベント費、その他諸々・・・4年間の間、死ぬまで4000万円、つまり1年間で1000万円もかかるという計算になります。
これはありえないです。

実は、かなりの費用がオランダの社会保障制度で賄われています。
はい、税金です。
ここが問題になっています。

エレンさん曰く、彼女の年代(私よりちょっと年上だと思います–レディに年齢を聞くのは失礼なので)ですら、保障制度が破綻して受け取れない状態とのことです。
つまり日本同様のことです。年金制度がパンク。

オランダでは0歳から18歳までは医療費がただである。
これは親の健康保険料から引き落とされる社会制度である。
日本同様に累進課税制度であり、高所得者は徐々に上がっていく。
しかし、悪いことに、最終的(定年退職時)に得た金額がその人に支払われる金額となり、将来収めた金額ではない。
逆に、失業したり、転職し給料が安くなったら、減額される。
そして、18歳以上は国民健康保険制度にはいらねばならない。

大切なことは死は誰にでも訪れることであり、全員が社会保険を支払うことが大切である。
Hogeweykへの支払いは実は国から支払いがあり、入居者は売店で買ったものやイベント(クラブ)費以外は直接支払わない。つまり、入居代は国に支払い、国からHogeweykに支払いが行われる。

つづく・・・


Also published on Medium.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。