日本におけるサイバーセキュリティの現状

NetAgencyと言う会社をご存知だろうか?
本日(2016/10/24)にNetAgentの取締役会長である杉浦隆幸氏の記者会見があった。
私も企業のインフラセキュリティを担当する中、興味深い話を聞けるので参加した。

記者会見の内容は:
日本では4〜5種類のサイバー攻撃が行われている。
標的型攻撃、不正送金、ランサムウェア、ウェブ改ざん、サーバー侵入。

余談だが、私からしたら、サーバを管理している人なら、どれかに必ずは出会う。
出会っていないと言うなら、その人はおめでたいと思う。
DNS、Web、メール、ウィルスやマルウェア、スクリプトやライブラリの脆弱性など多くみてきた

2016-10-24-15-07-44

さて、日本でサイバー犯罪で逮捕者が出る内容はこれらと大きく違って、すごくかわいい内容である。
オンラインゲームのチートや不正アクセスにて他人を装い、商品などを盗むことや、児童ポルノである。
実際、児童ポルノは、本当に裏にいる犯罪者が、相手をそそのかして自ら写真を送らせる手段が多くあると。
そして、不正アクセスは最近は減っているのは、プロバイダやゲームコンテンツを提供する会社が端末限定をしていたり(LINEなど)、パスワード以外の認証も兼ねているからとも思える。

なぜ、このような民間的な内容でしか捕まえられないのかと言うと・・・

  1.  プロはつからない。
  2.  犯罪組織は海外
  3.  誰かを多く踏み台にして特定出来ない
  4.  犯罪者を特定するに時間と労力がかかる
  5.  攻撃を仕掛けてきているのが他の国のサイバーアーミーであったりする
    など多くある

Read more

日本はVRで勝てるか?

本日(2016/10/20)、日本外国特派員協会にて日本のVRの未来について、VRコンソーシアム 代表理事 藤井 直敬氏とグリー株式会社 取締役 執行役員 荒木 英士氏の記者会見が行われた。
現場での説明はすべて荒木氏が説明したが、質疑応答は藤井氏と荒木氏両名で行った。

まずYouTube Liveが放送されていたのだが、21時の時点でデータが非表示になっているので、レンダリング中であることを願っている — 私も質疑応答しているからだ。

2016-10-20-16-31-47

VR技術と言うのは、今日突然この世に現れたモノではない。
実は、だいぶ前から存在している。
しかし、今月に入って、やっと一般的に購入できる価格帯になってきただけだ。
これはソニーのプレイステーションVRのおかげで一気に一般家庭に普及しだした。

今ではVRの可能性はゲームだけではなく、医療現場での遠隔操作(内視鏡手術支援ロボット ダヴィンチなど)、人間が行けない危険な場所のドローン操作などでも活躍中だ。

さて、荒木氏の話では、グリー社はこのように見ている。
VRの業界は3つの階層にて別れている。そして別途投資家がいる。
一番上は:コンテンツを作る会社(映像やゲームなど)、
中間は:ツールを作る会社(ドライバーや映像ツールなど)、
一番下は:ハード(物理的なヘッドセットやコントローラ)とソフト(ファームウェア)を作る会社。
これらがあって、やっと製品が出来上がる。

Read more

インターネット ヤミ市TOKYO2016

だいぶ前にこれはナンだ?!と言うのを発見しました。
インターネット ヤミ市」って言うのを。

これが当時の紹介映像だ

これを発見してたまたま、今回FBでこのイベントが東京で開催されると知ってこれを見逃したらまた来年または再来年まで待たねばならないと言う思いがあり、根性出して行ってみた。
場所はアキバの3331 ARTS CYDだ。

さて、ここではヲタクの中のヲタクで、マジに使い物にならないモノもあればサイケなモノも、更にニセ科学も精神のモノもたくさんある。スタッフTシャツ(3500円–もちろん買いました!)を売っていて、台湾とNYの空気を吸ってきたと言うビニール袋に入ったのもあれば、通常のモノもある。

Twitterのサーチで少し雰囲気がわかるかと思うので紹介する:
https://twitter.com/search?q=%23yami3331&src=tyah2016-10-16-13-11-30最寄り駅が銀座線末広町駅だ。
住所: 東京都千代田区外神田6丁目11-14

2016-10-16-12-42-04

3331 ARTS CYD(3331アーツ千代田)はここを見ていただければどういう団体なのかわかる。
http://www.3331.jp/faq/ ようするに民間だが行政とタイアップし芸術を広げていこうと言う場である。

2016-10-16-12-42-22 2016-10-16-12-42-39

建物の構造からして学校だった感じがするが、どうかはわからない。

2016-10-16-12-42-41

この3331 ARTS CYDのホームページでのイベント開催通知を見ると・・・
闇市が・・・ない!(笑)
http://www.3331.jp/calendar/201610/16.html
どれだけヤバイんだ?(爆笑!)

2016-10-16-12-43-16さて、今年は入場料が無料であった。
どうやら2012年は500円を取ったらしい。
たぶん、当時の会場の費用がかなり掛かったのと、参加者が多く来ないからグッズ販売で賄えないと感じたのだろう。
今回は、そんな感じは一切しなかった。

2016-10-16-13-11-03

中に入る前から怪しい臭いがプンプンしている。
オマケにバナーまである!

2016-10-16-13-05-45

どんな人たちが参加者なのか・・・
あれ?いかにもモテそうないヲタク連中の集まりかと思ったら・・・
老若男女問わずいるじゃない!

2016-10-16-13-05-33

 

ここはナニをやっているかって?
ズバリ遺影撮影だわ!!!

2016-10-16-13-04-33

カメラ機材は中判のデジタルカメラ、6500万画素!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \
オーバースペックだろう。
ストロボにはブロンカラーだわ。
池袋のアガイ商事さんから買えば100万はくだらないストロボだわ。
ちなみにブロンの良いところは端子焼けしないんですよ。

2016-10-16-12-54-06

ナニナニ・・・もっと怪しいモノがあるぞ・・・
∑(゚Д゚)エ!? SINE WAVEコーヒー!
20Hzの正弦波でコーヒーを振動させて味を良くするとか(笑)
いやいや、こう言うのは好きだわ。
もう、ここまで来たら、福沢諭吉が履いていた草履の藁と同じ種類の藁で作ったウチワで煽ったコーヒーでもいいわな。

2016-10-16-12-53-18

一体、終日どれくらいの人たちが訪れたんだか知りたいわ。

2016-10-16-12-52-15

ちなみに、今年のイベント告知は:
https://www.facebook.com/events/1096037057132813/

正直なところ、カオスだった!

ウォークインサイトって!

CEATECが10/04〜07で開催されていて、やっと落ち着きました。
本当はもっと早く紹介したかったのですが、なかなか時間が取れず状態。

今日、紹介したいのが、韓国の製品で、ケータイがWiFiを接続する電波をキャッチして人の行動を探るモノです。
実は、韓国では、このような製品は多くあり、更に無料WiFiなども多数存在し、観光地だけではなく、図書館、美術館などの人の流れをアナライズしていることが多くあるそうです。
∑(゚Д゚)エ!? それってプライバシー侵害では?って。
はい、MACアドレスを拾うので確かにそうかも。
そして、追跡する。
しかし、それがビッグデータとして扱われてしまったり、本人特定まで至ってないので不問にすると。

この商品です。

2016-10-04-15-16-03 Read more

森美術館の都市と文化の考え

日本外国特派員協会にて朝会があり、今日のゲストは森美術館の南條史生館長であった。

imag0814

森ビルは2003年に都市開発にて美術館を開いた。
今年で16年目である。
その中で、都市と文化の融合、そして文化とは何かを模索している。

海外ではローカルのアートを展示する時、公共の場、廃校、古民家や廃墟となった住宅を利用し、多くの目に触れるように展示している。だからこそ、運営が安く出来るところもある。日本もそれを見習うところがある。確かにこれは良し悪しのところがあるが、ここでは述べない。

Read more

国際的動物保護と技術

去る10月3日に日本外国特派員協会にてLIA(Life Investement Agency)の記者会見がFCCJにてあった。

http://ngo-lia.org/

 

2016-10-03-15-03-00

LIAと言う組織はワシントン条約にて保護されている動物以外にも普通の動物の違法な売買の取締を行っている組織である。そこで大きな問題は日本の今の状態で役所(環境省)が現状を理解しておらず、象牙などの違法な売買が日本で繰り返されているだけではなく、出処不明な象牙なども、いとも簡単に正規の証明書を発行される問題を指摘している。

なぜそれがわかるかと言うと、業者が未登録な象牙などを入手し、いい加減な書類(大きさや重さなど間違った内容)の申請書を現物を見せずに、単なる写真と書類審査で発行されてしまい、闇市場で仕入れたものがロンダリング作業で日本で正規物扱いに行っているのをスタッフが証拠を抑えているからである。

やはり一番大きな問題は日本ではYahooオークションで売買されているところだろうと。
これが世界で非難を浴びている。
何故Yahoo Japanは止めないのか?
合法であるからと・・・いやいや、かなりの量で問題が発生している。
最近は摘発を逃れるために「イミテーション」や「レプリカ」と書いて販売している。
しかし、象牙を見ればイミテーションではないことも、レプリカでないことも専門家が見れば一目瞭然である。
そもそも、このようなモノが例えイミテーションであっても売買されている環境があるから、密漁が増えるだけではなくロンダリング市場が消えないと代表の矢吹氏は訴えている。

そしてDNA検査までするところまで発展しているが、DNA検査はお金と時間が掛かるのでとても大変である。

2015年8月10日にFCCJにてEIA (Environment Investigation Agency) が記者会見も行っている。
奇遇なことにEIAとLIAが同じターゲットを暴いていたと。そして多くが中国の売人であると。

9月にアフリカ会議で報道陣の前で環境省の人が「日本国内の象牙市場は適切に管理されている」と言ったが、実際とは大違いで、管理どころかロンダリング現場になっていることが未だに役人は理解していないと。

そんな中、Seatleのバイオテック系のスタートアップ会社、Penbient社が昨年からサイの角の偽物を大量に作り市場を混乱させようと言う案が浮上してきた。サイの角は象牙と違い、ケラチンで作られている。ケラチンと言えば、爪である。これを3Dプリンタで本物と偽物の区別が付かないくらいの精巧なモノが作れるので1000、10,000、100,000 の単位で闇市場に投入し混乱させ、市場価格を落としてしまおうと。

ここに2016/09/18に投稿した
https://www.facebook.com/YEYShonan/posts/1085843731471412

さて、これが果たして良い案かどうかと聞いた。
提供してもらった(当日配布資料)だと、サイのツノが一番多く摘発されている。
そしてサイの角と本体のマーケットはとてつもなく大きい。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-21-06-56

私の質問が51:16から始まっています

 

そこで得た回答が:
我々は全員ヴィーガンであり、例えそれがケラチンを使っていて作って偽りのサイの角であっても、そのケラチンは動物性であるから、この作戦には反対する。動物を使っての材料は一切使いたくない。
本来なら、日本では環境省がきちんと人を増やし、仕事していればこのようなことにはならない。
そしてまた問題は、警察はすぐに動いてくれるが、検察が証拠不十分などで不起訴になってしまうことが多い。
これがとても悔しいと。

3Dプリンタはとっても良い技術だが、現在の段階でLIAは野生動物全般を見ているのと、動物の肉体組織を利用してでの(例えそれが牛や豚であろうが)素材を利用して市場に投入するのは反対である。これがケラチンでなく、樹脂なら話しは違うが、樹脂だと、本物と偽物が瞬時に見分けがつくので市場を混乱させるための結果としては思わしくない。

PS: 猫ちゃんの里親募集もしていますのでぜひご協力を
http://liasatooya.blog.fc2.com/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。