LinkedInがMSに買収

2016/06/13に世界中に大きなニュースが走りました。
マイクロソフトがLinkedInを買収したとのことです。

色んなところでニュースが書かれましたが、ちょっとGeekwireのを紹介します。
http://www.geekwire.com/2016/linkedin-ceo-jeff-weiner-explains-agreed-microsoft-acquisition/

一体いくらで?と言うと$26B・・・つまり$26,000,000,000ドル。
日本語で260億ドルと言う金額。
日本円では$1@104円の換算だと2兆7千億円。

さて、LinkedInの登録数はと・・・400M(4億人)ってことです。
Facebookの1/4くらいかな。現在16億人とのことです。
Company Info

$26,000M(26B)を400M人で割ったとしたら、1アカウントが$65の計算になります。
はい、LinkedInのユーザ一人当たりの価値が$65、つまり104円の計算で6750円ってことね。
これは、Skype Outの年間契約金額とほぼ同等です。(そこかよ!)

更に、このビデオの最後(追伸)で入れましたが、MS Azureのプラットフォームを活用すれば更に威力が発揮するのではと。現在、MS Azureのクラウドは静かなモンです(笑)そして、MSはSNSが弱いのでLinkedInを買収することによって相乗効果を得たことにもなります。LinkedInを傘下に収めることによってAzureの上で走らせて、AWS以外の選択肢を人々に魅せつけることも可能。

もう一つは、Nokiaの買収と違って、ハードを買ったわけではない。
MSの得意分野でもあるソフトとコンテンツを買っている。
正直なところ、SNSは不得意な分野だろうけど、ケータイビジネスよりもずっと理解しているはず。

取り敢えず、LinkedIn CEOのJeff Weiner氏は取締役会ではなく、MS CEO Nadella氏に報告することで企業経営の判断を迅速にすることができる。これが取締役会にだと、カネの流れだの、経営判断に時間がかかり、チャンスを失うことも多いだろうから、そこはFBがInstagramやWhatsAppでやっている、野放し方式のほうが企業価値を独自に高めることも出来るのと、買収されたほうも資金面も心配せずに活動できるのでWin-Win状態(あー、この言葉を使いたくなかった)を生み出せるだろうと。

2016/06/20

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。