ロシアでのメッセアプリはすべてバックドアを

さすが、恐ロシアだわ。
こんな法律を可決してしまったとは!執行はまだ先なのか?

http://www.dailydot.com/politics/encryption-backdoor-russia-fsb/

要するに、メッセンジャーアプリはすべてバックドアを仕掛けねば罰金を制裁するぞと。
そして別の情報源によるとその罰金額はどうやら100万ルーブル(約15,600ドル)を支払わねばならないと。
日本円にすると160万円チョイになる。

なぜ、こんな法律を可決したかと言うと、やはりテロが多いからだ。
ここの国は常に自国内でテロと戦っている。
チェチェンも同様に、ウクライナとのクレミア半島の件もある。
更にほかの旧ソ連に所属していた国々との民族対立も少なくない。

そこで一番厄介なのが、互いに暗号化された通信だ。
元祖暗号化通信で一世風靡したのが今ではシェア1%以下のBlackberryだ。
ここのBlackberry MessengerアプリはBBMどうしの通信の場合、内部で暗号化されていたので当局が中身を見ても読めない。ここでサウディアラビアとかがBlackberry Messenger使用禁止法を促したくらいだ。

さて、今回は、まだ可決されただけで法律化されていない様子だ。

バックドアを仕掛けることで問題があるのは、そこの当局だけではなく他も脆弱性を突いてくる可能性もある。
更にiTunes Apps は国別でユーザIDを申請したら、どこの国のアプリでも取ってこれる。
Google Appstoreの場合は、その端末がどこで登録されたかで規制をかけているが、iPhoneの場合はそれがないので、どの国のアプリでもゲット可能。

更に厄介と思うのがアプリ開発者もロシア仕向けを出さねばならなくなるのと、それがどこでどんな悪さをするかもわからない。バックドアは常に塞ぐモノであるから、あえてそんなモノを設けると言うのはプライバシーだけではなく、セキュリティ上にも大きな問題が発展するだろう。

さて、どうなるやら・・・

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。